SHIBUYAフレンズ動物病院

SHIBUYAフレンズ動物病院 渋谷院 アクセス
web予約
03-3499-7117

診療時間 9:30~12:00 15:00~19:00

受付は18:30で終了となります。

歯周病Gastrointestinal symptom

ここに記載してある病気は一部であり、ここに記載していない病気が原因の事もあります。また一つの症状から病気を診断することは困難です。様々な検査をして初めて確定診断ができます。このページを読んで自己判断するのではなく、必ず病院を受診して検査をしてください。

Q. ワンちゃんには虫歯はない?

A. 症例の報告がないわけではありませんが、ワンちゃんでの虫歯(う歯)はとても珍しいです。ヒトのように、修復歯科処置が適応されるか、もしくは抜歯の対象となります。猫ちゃんでは、まだ虫歯と診断された報告はありません。

放っておくと、顎の骨が溶け、頬に穴が空き、細菌が血液にのって全身に回る

口の中のトラブルだけでは終わらない

ワンちゃんでよく問題となる歯周病。ほとんどの飼い主様は、口臭が気になることを主訴に来院されます。 人と同じく、発症率がとても高いお口のトラブル。ワンちゃんの場合、ケアが難しく、重症化してしまうことが多いのが現状です。

では、その歯周病を放置し、重症化するとどうなるのか。病態の進行について紹介します。

Q.歯磨きは週に何回する?

A.歯垢が石灰化し、歯石になるまでおよそ3日と言われています。なので、3日以内に完璧な歯磨きをすれば、理論上歯石は付きません。しかし、ワンちゃんに完璧な歯磨きをすることは現実的ではありません。つまるところ、毎日の歯磨きが理想的だと言えます。

局所性
(歯の近くのトラブル)

歯周膿瘍 (シシュウノウヨウ)

歯肉に膿が溜まった状態。歯周ポケットが歯石で閉鎖され、発症。疼痛を伴い、歯肉が腫脹する。

根尖部膿瘍 (コンセンブノウヨウ)

歯の根っこの方に膿が溜まった状態。歯槽骨(歯を支える骨)にまで炎症が及ぶと、歯槽骨が吸収(溶ける)される。細菌が溶かすのではなく、白血球の働きにより溶ける。

口鼻瘻管(コウビロウカン)

歯の根っこ付近の感染が進行し、組織が破壊され鼻に貫通した状態。口腔と鼻腔がつながっている。くしゃみをしたり、慢性的に鼻汁が排出される。

病的骨折

骨吸収が進行し、もろくなって容易に骨折するようになる。下顎の第一後臼歯付近で起こりやすい。

全身性
(口以外でのトラブル)

歯原性菌血症

歯で悪さをしていた細菌が、血流にのって全身に巡る。それにより、他の臓器に感染を起こす。→細菌性肺炎、細菌性心内膜炎など

糖尿病

慢性的な炎症が原因となり、糖尿病を引き起こす可能性がある。また、糖尿病により、感染が悪化する恐れがある。

いかがでしたでしょうか。放っておいたら悪化することは知っていたけど、歯周病が全身に悪さをするという認識まであった飼い主様は少ないと思います。

治療方法

では、治療法について簡単に紹介します。 根治治療となると、抜歯をし、歯槽骨を削るといった手法をとります。 重症化してしまった症例については、そのような処置を勧めることもありますが、基本的には歯を残した治療でのコントロールを第一に考えています。

歯石除去

何と言っても歯石を取り除くことが、歯周病の治療、予防の第一となります。ここで問題となるのが、全身麻酔をかけるかどうかです。施設によって推奨される手法が異なります。当院では、全身麻酔を使った歯石除去を勧めています。

その理由は・・・
1.ガス麻酔となった昨今、全身麻酔の安全性が極めて高くなっている。
2.従来の無麻酔でよくとられている手法だと、歯のエナメル質を傷つけ、かえって歯石がつきやすくなってしまったという報告がある。

全身麻酔での歯科処置をした症例

したがって、高齢な子や持病により全身麻酔のリスクが心配だという患者様を除いて、全身麻酔での歯科処置を勧めています。

日常のデンタルケア

ある統計では2才以上のワンちゃんのうち、およそ8割が歯周病を含めたお口のトラブルを抱えていると報告されています。
では、8割のワンちゃんが歯磨きをしていないのでしょうか。
実際は、歯磨きケアをしていない患者様は、全体の2割以下であるという報告があります。つまり、この統計は歯磨きを頑張っていても、完全な予防は難しいということを表しています。
日常のデンタルケアとして、従来、毎日の歯磨きが推奨されてきました。しかし現在では、それに加え、定期的な歯科検診、さらに必要であれば定期的な全身麻酔での歯科処置が推奨されています。
たかが歯、されど歯。ワンちゃんたちにも、私たち人間と同様のデンタルケアができるよう、これからも獣医医療の向上に努めていきます。

© SHIBUYA フレンズ動物病院 ALL RIGHTS RESERVED